HOME > カスタムブログ
バックナンバーを表示しています。

<<最新記事


バックナンバー

■2017年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2016年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2015年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2014年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2013年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2012年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2011年■
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  

☆モール リペア 磨き☆










2015年3月6日

欧州車に特に多く見かけますが、

ドア廻りやルーフレールのメッキツヤ引けやウロコ状の腐食痕。


なぜか輸入車に多く、せっかくの高級車なのに・・・
と感じてしまいます。




洗車しても腐食痕なので、落ちる事もマシになる事もないため、
あきらめている方も多いかと思いますが!

実はちゃーんと取れるんです!




今回はドアモール磨きをしたので、ビフォー&アフターを見ていただければと思います。



磨き作業ですので、まずはしっかりとマスキングします。

モール廻りにはパッキン代わりとしてゴム製の素材があるので、
ゴムまで磨いてしまうと溶けてきたり、修復不可能な跡が付いたりするので要注意なのです!

もちろんボディにもいえる事ですねっ。




施工前と施工後を実際に分けてみました。

新品の状態に近付いたのが分かっていただけるのではないでしょうかっ☆

施工途中の状態で仕上げてはおりませんが、
この状態でも、随分マシになっています。




完成した画像は最後の画像です!

傷などは取れませんが、腐食痕はほとんど落ちて新品に近い状態になりました!


ひどい劣化でもこの状態に近いところまで修復可能デス♪♪

輸入車に乗っており、モールやルーフレールの腐食痕でお悩みの方はお気軽にお問合せください!





■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■

バックナンバー

■2017年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2016年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2015年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2014年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2013年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2012年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2011年■
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月