HOME > カスタムブログ
最新記事を10件表示しています。


バックナンバー

■2018年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月  
■2017年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2016年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2015年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2014年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2013年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2012年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2011年■
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  

ホイールリペア メッキカスタム










2018年8月2日

大事に乗っているおクルマでも、どうしても生活傷や劣化はしてしまいます。


今回はその中でもホイールをピックアップしてご紹介します!



経年劣化や焼けによって劣化したホイール・・・
ピッカピカのホイールだったはずが、気がつけば小キズやハゲが目立ってきます。

良いホイールだからこそ、余計にもったいなく感じますよねっ!



そんな場合はリペアなんていかがでしょうかっ☆


荒れている塗装面を剥離し、シルバー塗装で加工します。



その後、特殊加工を行うのですが
『DFC(ダイアモンドカットフィニッシュ)加工』!!


リム形状、ホイール形状を完全にデジタル化し、専用マシンにプログラムを入力後、
ダイアモンドチップを使用し、切削する事で特殊な輝きが出来上がります!!


まさしく生まれ変わったかのようなホイールに感動出来ますよっ♪♪





リペア加工だけでなく、色々なカスタムの可能デス!!

ブラックアウトペイントなど、今までご紹介いたしましたが、
メッキ加工なんていうのも出来ちゃいます☆



かなり複雑で独特なラインのスポークを持つホイールですが、
きっちりとメッキ化されておりますっ☆



エンブレムも残したままの加工が可能で、
おクルマの印象を変えたい時などにオススメです♪

他にも“ハーフブラック(半光沢)”やディスクのみ、リムのみなど部分加工も可能!


オリジナリティの高いデザインにする事が出来ますよっ!




興味のある方はお気軽にお問合せくださいっ☆




■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
幌交換






2018年6月22日

今回は幌メーカー“ROBBINS社”をご紹介します☆


ロビンス社は、自社生産によるオープンカー用幌関連製品を世界の自動車メーカー及び、
アフターマーケットへ供給する幌メーカーの第一人者的存在!

専門機材による、最先端の“デジタル技術”と
生地の世界からは切っても切れない熟練職人達の“アナログ技術”が高品質な『ROBBINS幌』を生み出しています☆

また、日本車にも多くの補修用幌もリリースされており、純正幌の生産が終わってしまっていても、きっちりと対応出来ることがあります!

多くの幌メーカーの中でも、
創業69年の老舗幌メーカーが一番大切にしている事は”品質”。
特にアメリカでは大小まじえ多くのメーカーがありますが、

リアガラスの接合、ミシン目など製法から素材までこだわり抜き、コスト面の不利など物ともせずに絶大な信頼を誇るメーカーなのです♪

対応車種の数はもちろんですが、
カラーも多く取り扱いされており、生地も選ぶ事が可能!

その土地の気温などに合わせてチョイスでき、
そんなこだわりも、幌を長持ちさせるための秘訣なのです。

好きなカラーで長く楽しめる事こそ、ドライバーの喜び♪


興味のある方はお気軽にお問合せくださいっ!




■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
アークバリア21






2018年3月4日

アークバリア21は、当社が自信をもってお勧めできるガラスコーティングです。

アークバリア21のコーティング面は、無機質のガラスです。
経年変化はしませんので理論上は落ちません。
研磨剤などで削り取らない限り、自然に落ちることはありません。
小キズや付着物が付くことはありますが、洗車で汚れが綺麗に落ちて光沢も戻ります。

タイプとしては親水性です。
油性のコート剤ではありませんので、水を丸く弾くことはありません。
水玉になる撥水タイプの方が水を弾く感じがすることから、コーティングの効果が高いと誤解する方がいますが、そうではありません。
抜群の切水効果で、ウォータースポットの原因となる水玉がボディ表面に留まることなく、サッと水が流れ落ちます。
低いところへ、カーテンが切れるように流れ落ちるといった感じです。

専用のアークリンスを使用すれば、撥水効果を得ることが出来ます。
お客様のお好みのよって変化させることが出来ます。

アークバリア21は、独自の技術と科学の英知が結実した世界最高水準の次世代ガラスコーティング。
業界をリードするこれからのガラスコーティングのスタンダードです。

興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/

■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
VOSSEN WHEELS




2017年11月28日

VOSSEN WHEELS(ヴォッセホイール)はアメリカ フロリダ州のホイールメーカーです。

自動車業界において10年以上の経験を持ち、高品質な1ピースホイールを提供してきました。

19インチ~22インチ 最高11Jのサイズで、ラグジュアリーカーをターゲットに様々なフィットメントやスタイルに対応しています。

VOSSENの全ホイールは最高4インチの深さのステンレスリップを売りにしており、軽量ながらマルチピースの様なデザインです。

また空気圧センサーやハイパフォーマンスなブレーキキットにも対応しております。

興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/

http://www.vossenwheels.com/


■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
M・BENZダイアモンドグリル




2017年10月16日

ハイクオリティな仕上り。

純正組替えタイプでレーダークルーズに対応。

カラーはシルバー/クロームとブラック/クロームからお選び下さい。(メッシュ部分は共にメッキのドット柄)

純正グリルと交換タイプのフロントグリルです。(スターマーク等は組替えになります)

興味のある方はお気軽にお問合せください。


http://www.wald.co.jp/blanballen/diamond_grille_benz/index.html


■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■


XXRホイール




2017年9月26日

1976年に創業されたXXRホイール。

これまでに240万本以上ものホイールを生産してきました。

そして、その60%は日本に輸出されています。

ISO9002、QS9000という国際規格にも認定されており、XXRが厳しい検査基準を満たしていることを裏付けています。




興味のある方はお気軽にお問合せください。

http://www.xxrwheels.com/






■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
Skycamp(スカイキャンプ)






2017年8月31日

Skycamp(スカイキャンプ)は、車のルーフに取り付け、約1分でセットアップ可能で大人2人とお子様2人まで快適に過ごせるルーフトップハードシェルテント。Skycamp(スカイキャンプ)のセットアップはシンプルで、誰でも1分かからずにセットアップ可能です。

■驚きの強さと耐久性

フロア部は強度/耐久性に優れ、軽量なハイパフォーマンスハニカムパネル製。

■様々な車両でも使用可能

ユニバーサルマウントシステムを採用し、殆どのクロスバーに取付可能。2人いれば簡単にマウント可能で重さは68.03kgで動的重量制限が74.84kgをサポートするほとんどのラックと互換です。

■スカイビューウィンドウ

名前の通り、スカイビューウィンドウで星を眺めながら眠ることが可能に。

■ウォーター/ウィンドプルーフ

素材は防水性であり、追加の保護のために雨よけが装備されており、20m/sまたは44mphまでの風でテスト済。(これらは非常に高い風です)。風が強すぎる条件でキャンプをすることはお勧めしません(40mph以上の風が予想される場合は全国気象サービスが強風警告を発します)。

興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/


■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
アークバリア21






2017年8月8日

アークバリア21は、当社が自信をもってお勧めできるガラスコーティングです。

アークバリア21のコーティング面は、無機質のガラスです。
経年変化はしませんので理論上は落ちません。
研磨剤などで削り取らない限り、自然に落ちることはありません。
小キズや付着物が付くことはありますが、洗車で汚れが綺麗に落ちて光沢も戻ります。

タイプとしては親水性です。
油性のコート剤ではありませんので、水を丸く弾くことはありません。
水玉になる撥水タイプの方が水を弾く感じがすることから、コーティングの効果が高いと誤解する方がいますが、そうではありません。
抜群の切水効果で、ウォータースポットの原因となる水玉がボディ表面に留まることなく、サッと水が流れ落ちます。
低いところへ、カーテンが切れるように流れ落ちるといった感じです。

専用のアークリンスを使用すれば、撥水効果を得ることが出来ます。
お客様のお好みのよって変化させることが出来ます。

アークバリア21は、独自の技術と科学の英知が結実した世界最高水準の次世代ガラスコーティング。
業界をリードするこれからのガラスコーティングのスタンダードです。

興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/

■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
VIP Modular Wheels






2017年6月20日

VIP Modular Wheels(ヴィーアイピーモジュラーウィールズ)は、アメリカ発の高級オーダーメイド・フォージドホイール・ブランドです!!



自動車業界で15年以上の歴史を持つ知識と経験の高いメーカーです!!



超高品質の鍛造ホイールを作り上げるために妥協をしない彼らのターゲットは、米国の高級セダンとGTの他、ヨーロッパや日本などの外国車までもが対象、あらゆるシーンで求められる性能を確保するため厳格な製造プロセスを経て製造されています。




できあがる車両の寸法に合わせたきめ細やかなサイズオーダーを受け、そこから製作を開始するので、表面処理やカラーなどのカスタマイズにも柔軟に対応し、多くのオプションから自由に選ぶ事ができます(^^♪




お客様の個性を存分に主張できるホイールメーカーです!!





興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/




●VIP Modular●
http://www.vipmodular.com/





■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■
アルファード ダウンサス取付け






2017年5月15日

今回は新車のアルファードにダウンサスとワイドトレッドスペーサーを組み込みました。






トヨタのモデリスタ製のダウンサスですので、乗り味等はほとんどノーマルと変わりません。






さりげなく大人なカスタムですね。






興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)/










■Car Change A1 Kashihara by HIRATA■



バックナンバー

■2018年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月  
■2017年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2016年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2015年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2014年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2013年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2012年■
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
■2011年■
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月